知っておきたいSEOの基本!検索エンジンの3つの働き!!

Blog-creation
この記事は約3分で読めます。
ぼりさん
ぼりさん

インターネットの検索エンジンってほとんどの人google使ってるよね。

ともさん
ともさん

間違いなくな。
googleについて知ることがネットビジネスやるうえでの近道かもしれねぇな。

ぼりさん
ぼりさん

じゃあ、今回はgoogleで重要な3つの働きについて話していこう!

こんなことがわかるようになる!

GoogleのSEO対策の基本がわかる!
3つの働きがわかる!

google botとは

Googleは世界中のウェブページの情報を常に集めています。

世界中にある膨大なウェブページから情報を集めてくるプロセス『クローリング』といいます。

クローリングは『クローラー』と呼ばれるウェブクロール用ロボットが行っています。

このクローラー、ほかにも『ボット』『スパイダー』などと呼ばれることがあります。

クローリングで集められた情報は『リポジトリ』と呼ばれるデーターサーバーに一時保存されます。

働き① インデックスサーバー

『リポジトリ』に保存されたウェブサイトの情報 (全ての単語、単語が書かれている場所、 titleタグや alt属性など)を抜き出し、「重要な単語」と「URL」を関連付けて登録を行っています。

これを『インデックスの作成』と呼びます。

重要な単語とは、すべての単語の中で出現頻度や書かれている場所などを元に、Googleが最も重要なキーワードとして認識している単語です。

重要な単語とウェブページのURLが関連付けして登録されていればSEOは問題ないです。

ただ、目標キーワードとして認識して欲しい単語とGoogleが認識した重要な単語が異なる場合があります。

例えば、あなたが狙っている目標キーワードが「本」だとします。

「本」についてあなたが検索をしますが、自分の「本」に関するウェブページへのリンクが見つかりません。

試しに「ブック」でページを調べると、自分のウェブページにリンクする「ブック」が見つかりした。

このように、自分が狙っている「本」という目標キーワードとGoogleが重要な単語として認識している「ブック」というキーワードが違います。

これでは、いつまでも自分の目標キーワードが検索されません。

このインデックスサーバーに目標キーワードを正しく認識させることがSEOでは欠かせません。

働き② フロントエンドサーバー

検索順位のランキングを決めているのが、『フロントエンドサーバー』です。

ユーザーが入力した検索語(クエリ)に対して関連するウェブページの一覧を表示しています。

日本ではhttps://www.google.co.jp/でつながるサーバーがGoogleのフロントエンドサーバーです。

まとめ

これだけ知っトク!

クローラーが情報を集めている!
インデックスサーバーは超重要!
フロントエンドサーバーが順位を決める!

ぼりさん
ぼりさん

これくらいはブログやるなら知っておかないとね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました