豚肉は元気の源!豚肉の部位と調理法!!

cuisine
この記事は約3分で読めます。

いつもの食事の中で、食卓に登場する回数は豚肉が多いのではないでしょうか。

うまみとコクがあり、お手頃価格で本当に家庭の味方という感じです。

でも、料理に合う部位を考えて使っていますか?

料理の技術は高いのに、作った料理が口当たりや食感が悪かったり、硬くて食べられなかったりしたらかなしくないですか?

最高の技術とその料理に適した最高の材料を知ることで、あなたの料理の腕は抜群に上がります!!

今回は、豚肉の基礎知識として、スーパーやお店で売っている豚肉の部位についてお話していきます。

部位で変わる!?料理のおいしさ!!

正直、豚肉なんてどんな形だろうがどんな部位だろうが関係ないって思っていませんか?

でも、使う筋肉や脂肪の入り具合が全然違います。

肩肉

ブタさんがよく動かす部位です。すじがあり、肉質も少し固いので、煮込み料理に使うとおいしいです。

シチューやスープなど、長く煮込む料理や蒸しもの、ひき肉にして肉団子などに用いられることが多いです。

肩ロース肉

画像をクリックするとJAタウンにジャンプします。

肩の部分にあるロース肉です。

細かい脂肪が肉の間に広がっています。

豚肉らしいうまみとコクがあり、煮込み、生姜焼き、とんかつなどに使われます。

ロース肉

画像をクリックするとJAタウンにジャンプします。

ひれ肉に次ぐ肉質で、7~8mmぐらいの脂肪層があり、風味もいいです。

厚切り肉にしてとんかつにしたり、やや薄切りにして生姜焼きにしたり、薄切りにしてしゃぶしゃぶにしたりすることができます。

また、かたまりを使ってチャーシューや煮込みなどもおいしいですね!

ヒレ肉

最もきめが細かくて柔らかく、脂肪も少ない最高の部位です。

加熱時間の短い料理に向いています。

揚げ物やソテーなどがおすすめですね!

もも肉

画像をクリックするとJAタウンにジャンプします。

脂肪が少ないので、ヘルシーに食べたい人に向いています。

肉質は柔らかく、シチューや薄く切って炒め物など、幅広い料理に使えます。

バラ肉

三枚肉とも言います。

肉と脂肪が層になっていてコクがあります。

肉質のきめは粗いですが、味がよく、角煮や酢豚、シチューに向いています。

薄く切って焼肉や炒め物にも適しています。

豚肉の部位を上手に使い分けよう!

料理や材料を最高の状態で味わうためには、料理によって部位を使い分けることが大事です。

どの料理にどの部位が合うのか、考えて調理をしましょう。

部位だけではなく、厚切り、薄切りなどの形状でも味わいが違ってきますので、そのへんもおさえておくといいでしょう。

まとめ

今回は、豚肉の部位についてお話ししました。

本当に料理って、材料ひとつでおいしさが変わります。

材料や分量を考え、自分の中で最高においしい料理が作れるように頑張っていきましょうね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました