マーケティングは大切!失敗しないための3つのこと

Know‐how
この記事は約3分で読めます。

集客をしていてなかなかうまくいかなかったり、仕組みは作ったけれども興味をもってくれなかったりしませんか?

それはもしかしたらあなたのマーケティングがうまくいっていないからかもしれません。

ノウハウだけではない、きちんとしたマーケティングの知識を身につけておかなければ、どれだけ頑張っても無駄な努力になってしまいます。

わたしたちが相手にするのは機械ではありません。

生きている人間です。

ユーザーが何を求めているのかを本当の意味で理解しておかなくては、商品も売れません。

上辺だけの要求を満たしてあげるだけでは意味がないのです。

満足したユーザーはわたしたちの元から離れていきます。

ではなぜ離れていってしまうのか。

今回はその理由と失敗しないための3つのことをお伝えしていきます。

うまくいかない理由は「仕掛け」ができていないから

商品を販売するときにわたしたちはどうしたらよいのでしょうか。

実際に大企業の例を考えてみるとわかります。

相手の要求に対して商品の提示をする

すごくわかりやすいもので、「アナと雪の女王2」を考えてみてください。

1作目の「アナ雪」が成功し、ネームバリューがあります。

しかし、何もしなかったら誰も食いついてきません。

そこで、目につく広告口ずさみたくなる音楽などを流して興味を引きます。

こんな映画やりますよ!と宣伝するのです。

前回の続きが気になる人や少しでも興味のある人は気持ちが揺らぎます。

ネットビジネスにおいても同様で、こんな情報を流していきますよ!とSNSやブログで発信していくのです。

ユーザーの潜在欲求を引き出す

先ほどの映画の例ですが、これは顕在化している要求、つまりニーズを増やすために行っています。

前作を見ている人にとっては待望の作品ですよね。

見ていない人にとっても、前作あれだけ話題があったから面白いのではないかと興味をもってくれます。

そこで次の仕掛けとして、ユーザーの潜在欲求、ウォンツを意識した戦略を出します。

映画について、ある人は話題づくりにいいからと思っているでしょう。

ある人は前回の続きが気になるという人もいるでしょう。

興味をもってくれた人の中から、本当にその人が欲しいと思っている欲求をくすぐってあげるのです。

たとえば、「2人の恋の行方は!?」とか、「全米が泣いた!」といったうたい文句があると、ちょっと見てみようかなとなりませんか?

それぞれの人が持っている「欲求」をきちんと考えてあげることが、マーケティングの成功につながります。

ターゲットが本当に欲している情報を見出し、提供してあげましょう。

ファンづくりの「仕掛け」

仕組みを作ることができても仕掛けができないと全く意味がありません。

広告を出して目につくようにする、音楽やコピーライティングで相手の欲求を引き出す。

そして、「リピーターをつくる」ことが大切です。

これは、自分に置き換えて考えてみてください。

こんな情報をくれる人にはついていきたい、こんなお得な商品を出してくれるならたまにでも情報が欲しい。

そういう風に思ってもらえるように、わたしたちは常に情報や商品を発信し続けていかなくてはなりません。

どんどんと有益な情報をアウトプットしていくことが、このリピーター(ファン)を増やしていくことにつながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マーケティングがうまくできないと、ユーザーが離れてしまったり、そもそも興味をもってくれなかったりします。

今回お話しした3つの内容をよく振り返ってみて、実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました