オプトインってどんなビジネス?収益を上げるためのマーケティング

Know‐how
この記事は約3分で読めます。

ネットビジネスでよくあるもののひとつとして、「オプトイン」があります。

オプトインとは、ユーザーに宣伝広告を配信する際に事前に許可を求めること、また、宣伝広告の受け取りを、ユーザーが許可する意思を示すことを言います。

ではなぜオプトインがよくつかわれるのか。

ブログやメールマガジンを使って、目につくようにすれば勝手に商品を買ってくれるユーザーがいるのではないかと考える人もいると思います。

でも、実際にはそんなに甘くありません。

私自身もブログを運営してアフィリエイトをしてみたことがありますが、ほとんど、というか全く稼ぐことができませんでした。

ブログのPV数自体もあまりありませんでした。

何も考えずにやっても収益を出すことは夢のまた夢です。

今回は、オプトインがなぜネットビジネスでよく行われているのかをお伝えしていきます。

ユーザーのニーズとオプトイン

先ほども記述したように、オプトインは事前にユーザーに何を提供するのか、そして、ユーザーの許可を得て宣伝広告の配信をします。

ユーザーは自分に有益な情報が手に入るのならば、宣伝広告の配信を許可してくれます。

やることは単純で、あるユーザーが欲しい商品を私たちが提供してあげる、それだけです。

そして、有益な情報を発信し続けることで、ユーザーは私たちに信頼を置いてくれるようになり、商品も購入してくれるようになるのです。

では、どのようにユーザーを見つけ、どのように提供していけばいいのでしょうか。

オプトインの方法

昔のように、営業にまわったり、街角アンケートを取ったりといったやり方もありますが、それでは時間もお金もかかってしまいます。

そこで、SNSを利用していく方法をお勧めします。

SNSのユーザーの中にも、情報を求めているようなアカウントがあるはずです。

具体的には次のような方法で集めていきます。

1.私たちが売りたい情報を欲している人を探す。

2.商品(情報)の提供と宣伝広告の配信の許可を得る。
3.情報を発信していく。

この3ステップを行っていくことで、ユーザーの獲得をしていきます。

実はこれ、いろんな有名企業もやっている手法です。

わかりやすいのが携帯電話。

ショップからのお得情報とか来ませんか?

あれと一緒です。

携帯電話ユーザーに対して、お得な情報を流しますよとメルマガ登録してもらいます。

そして、そこに商品の情報を流していくのです。

まとめ

オプトインは現代のネット社会やビジネスにおいてよく使われている手法です。

わたしたちも簡単にできるので、ぜひやってみてください。

私のLINE@では、ネットビジネスに関する情報を配信中です。

ノウハウやマインドなど様々な情報をお伝えしていきます。

興味があればご登録お願いします。

公式LINE@https://lin.ee/k7FbSq7

無料プレゼントとして、ビジネスに関する情報をPDFでも提供していく予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました