PDCAサイクルって重要なの?成功の秘訣と失敗する人

この記事は約5分で読めます。

「PDCA」という言葉を聞いたことがありますか?

・PLAN(計画)
・DO(実行)
・CHAECK(評価)
・ACTION(改善)

上記の頭文字をとったものです。このPDCAを繰り返し行うことで、継続的な業務の改善をすることができるという手法です。

さまざまな業種にこの手法が取り入れられており、業界や業種を問わずにセルフマネジメントメソッドの基礎としてりようされているものです。

今回はこのPDCAサイクルについて説明していきたいと思います。

PDCAサイクルの各プロセスについて

Plan・Do・Check・Actionの各プロセスについて詳細を説明していきます。

PLAN(計画)

PLAN(計画)とは、目標の設定、目標を達成するためのアクションプランの作成を意味しています。

計画を立てる際には、

・誰が(Who)
・いつ(When)
・どこで(Where)
・何を(What)
・なぜ(Why)
・どのように(How)
・いくらで(How much)

の5W2Hの要素を意識しながら検討をしていきます。

適当ではなく、数値目標や細かい時期などを考え、誰が見てもわかりやすく、具体性のある目標や計画を設定していくことが重要です。

DO(実行)

「DO(実行)」は「PLAN」で計画したものを元にした行動をすることです。

実行するだけはなく、「試行」するという意味も含まれています。

計画を実行に移してみた結果、それが有効だったか、もっと別の方法が考えられないかなどを検証していくためのものでもあるのです。

この実行も、一度にすべて行うわけではなく、段階的に進めて、結果や進捗状況を記録していきます。

最終的に数値目標に到達するようにしていきます。

計画通り進まなくてもそれを記録することで、次に行う時に同じ失敗をなくしたり、新しいアイデアを考えたりすることができます。

CHECK(評価)

CHECK(評価)は、計画した目標が達成できているか、計画通りに進んでいるかを確認、評価していきます。

当初の計画と現在の進行状況を分析し、検証結果をまとめていきます。

この評価が自己満足にならないように気を付けてください。

うまく折り合いをつけられるように検証していくためのものなので、事実をしっかり受け止めてください。

自分で評価をすると、うまくいかないときには人に見てもらうといいですよ。

ACTION(改善)

ACTION(改善)は、CHECK(評価)で分析・検証した時の課題について改善点を考えていきます。

改善点を考えるときには、計画の中で、視点をかえてみることや、あまりにうまくいかない場合には延期・中止を視野にいれるなど、幅広い選択肢を持ちましょう。

課題を検討して、計画の見直しや試行錯誤を繰り返していきましょう。

PDCAサイクルのメリット

目標・やることが明確になる

目標がないと、本来達成すべきことと実際がずれてしまいます。

やることが明確でないと、具体的な施策を考えることが難しいです。

PDCAを使えば、目標や問題解決に向けた道筋を立てることができるようになります。

課題や不足がわかりやすい

目標に対する成果や失敗がわかります。

また、達成度や未完成度を明確にすることができます。

どのように行動すれば改善できるのか、何を変えれば向上できるのかなどについて考えやすくなります。

作業に集中できる

やるべきことが計画されているので、その作業に集中して取り組むことができます。

取り組んだ結果を評価し、改善することで、より良い方向へ向かうことができます。

あーでもないこーでもないを一度にかんがえるのではなく、まずはやってみて記録をとり、それを振り返ることが、よりよいものづくりへの道なのです。

PDCAの失敗要因

PDCAはきちんとやればかなりの効果を得ることができますが、適当に済ませてしまうと、失敗してしまいます。

設定した目標までの工程が描けていない

仮説と検証を繰り返すことがPDCAの極意です。

しかし、最初の仮説が無茶なものであれば、すべてが無理なものになってしまい、満足のできる結果にはなりません。

計画の時点で、目標の達成や課題の解決できる具体的なイメージを持つことが必要です。

とにかくやるだけ、できることから適当に始める

計画無視のノープランな行動は良い結果を生みません。

また、長期目標の場合は、直近の進み具合が見えにくく、結果を意識することがおろそかになります。

計画があっての行動です。

思いつきで動くようでは何もうみだせないんです。

あまい評価・あいまいな評価

「ここまでできればまぁいいか」という考えでは、その先の作業に支障が出てきます。

「もうちょっと頑張って」「これじゃ微妙」などのあいまいな評価ではなく、数値的な指標を基準にして、具体的に検証作業をすることが必要です。

甘かったり、あいまいだと、それができてから先の作業が進まなくなってしまいます。

失敗をなかったことにする

失敗したことを記録しないで進めると、次も同じことで失敗してしまうかもしれません。

無駄な時間、無駄なコストを削減するためにも、失敗から改善点を見出し、計画を練っていくことが大切です。

失敗は成功のもと!

何度もやり直していきましょう!

PDCAサイクルを効果的にするために

・目標は数値で、具体的な計画を。
・計画通りに進める。
・無理のない計画を立てる。
・定期的に評価・改善を行う。

ひとつの作業が終わったら評価・改善をしていくことで、作業を円滑に進めることができます。

自分で無理な計画は立てずに、現実味のある計画を立てていきましょう。

まとめ

ものづくりは、PDCAを考えて進める。
より良いもの、より使いやすいものを意識して、評価・改善を図る。

ちなみに、これにRESEARCH(調査)を付け加えると、さらによくなります。

ビジネスでは、顧客が何を求めているかアンケートや投票を実施している企業もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました